おおつか循環器内科クリニック 院長紹介
愛媛県松山市の禁煙治療
病気の予防について

携帯からお問合せ出来ます。





院長あいさつ

皆様、こんにちは。院長の大塚 知明(おおつか ともあき)です。

平成22年4月5日に松山市樽味4丁目2番25号におおつか循環器・内科クリニックを開院いたしました。循環器内科・一般内科を主に診療しております。

当院の目指す医療は、当院のロゴマークでもわかるように「患者と医師が向き合った心の通った人にや・さ・し・い医療」です。私は愛媛大学医学部附属病院で10余年勤務し、循環器疾患の高度先進医療に携わってきた1人です。医療技術や救急医療の発展により、あらゆる循環器疾患を治すことができるようになってきております。

しかしながら、このような医療は病気を「治す」ことに主眼が置かれていて、患者を「癒す」ことが忘れ去られているように思います。病気がよくなることを医療用語で「治癒」といいます。病気を「治し」、患者を「癒し」て初めて医療といえるのです。

当院では病気を治すことは元より、人にやさしい癒しの医療を提供すべくスタッフが一丸となって努力するつもりです。
今後ともよろしくお願いいたします。



<資 格 >
日本循環器学会認定専門医
日本内科学会認定医
日本心不全学会評議員
日本医師会認定産業医

<所 属 学 会>
日本循環器学会  日本内科学会
日本心不全学会  日本心臓病学会
日本高血圧学会  日本禁煙学会

<学 歴・職 歴>
平成4年  愛媛大学医学部医学科卒業
平成4年  医師免許証取得
平成4年  愛媛大学医学部附属病院 第二内科に勤務
平成5年   松山赤十字病院 循環器内科に勤務
平成6年   愛媛県立今治病院 循環器内科に勤務
平成8年   愛媛大学大学院医学研究科博士課程入学
平成12年  医学博士の学位授与
平成12年  愛媛大学医学部附属病院 第二内科(現病態情報内科学)に勤務
平成15年  愛媛大学医学部 文部科学教官助手(現助教)(第二内科・現病態情報内科学)
平成20年  愛媛大学医学部附属病院 脳卒中・循環器病センター 講師



業績

主要論文

1. Ohtsuka T, Hamada M, Sasaki O, Suzuki M, Hara Y, Shigematsu Y, Ohtani T, Honda T, Hiwada K.
Clinical implications of circulating soluble Fas and Fas ligand in patients with acute myocardial infarction. Coron Artery Dis 1999;10:221-225.

2. Ohtsuka T, Suzuki M, Hamada M, Hiwada K.
Cardiomyocyte functions couple with left ventricular geometric patterns in hypertension. Hypertens Res 2000;23:345-351.

3. Ohtsuka T, Hamada M, Kodama K, Sasaki O, Suzuki M, Hara Y, Shigematsu Y, Hiwada K.
Neurogenic stunned myocardium. Circulation 2000;101:2122-2124.

4. Ohtsuka T, Hamada M, Hiasa G, Sasaki O, Suzuki M, Hara Y, Shigematsu Y, Hiwada K.
Effect of beta-blockers on circulating levels of inflammatory and anti-inflammatory cytokines in patients with dilated cardiomyopathy. J Am Coll Cardiol 2001;37:412-417.

5. Ohtsuka T, Hamada M, Saeki H, Ogimoto A, Hiasa G, Hara Y, Shigematsu Y, Hiwada K.
Comparison of effects of carvedilol versus metoprolol on cytokine levels in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy. Am J Cardiol 2002;89:996-999.

6. Ohtsuka T, Hamada M, Saeki H, Ogimoto A, Hara Y, Shigematsu Y, Higaki J.
Serum levels of matrix metalloproteinases and tumor necrosis factor-alpha in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy and effect of carvedilol on these levels. Am J Cardiol 2003;91:1024-1027.

7. Ohtsuka T, Hamada M, Inoue K, Ohshima K, Suzuki J, Matsunaka T, Ogimoto A, Hara Y, Shigematsu Y,
Higaki J. Relation of circulating interleukin-6 to left ventricular remodeling in patients with reperfused anterior myocardial infarction. Clin Cardiol 2004:27;417-420.

8. Ohtsuka T, Inoue K, Hara Y, Morioka N, Ohshima K, Suzuki J, Ogimoto A, Shigematsu Y, Higaki J.
Serummarkers of angiogenesis and myocardial ultrasonic tissue characterization in patients with dilated cardiomyopathy.Eur J Heart Fail 2005;7:689-695.

9. Ohtsuka T, Nishimura K, Kurata A, Ogimoto A, Okayama H, Higaki J.
Serum matrix metalloproteinase-3 as a novel marker for risk stratification of patients with nonischemic dilated cardiomyopathy. J Cardiac Fail 2007:13:752-758.


著書

1. 大塚知明: 治療〜QOLと予後の改善を求めて〜5. カテーテル治療の役割         
肥大型心筋症-改訂新版- 2000年

2. 大塚知明: β遮断薬
これだけは知っておきたい日常診療のポイント 降圧薬のエビデンス 2009年

3. 大塚知明: ACE阻害薬とARBの併用効果はあるのか?
EBM循環器疾患の治療 2010-2011 2009年



copy right Ohtsuka Cardiovascular Clinic all right reserved